ホノルル/ワイキキを観光なら「シェラトンプリンセスカイウラニ」がオススメ!お部屋も詳しく紹介

ブログ

ワイキキは、アメリカ合衆国のハワイ州オアフ島のホノルル市内に位置しています。オアフ島には、ダイアモンドヘッドやワイキキビーチ、カメハメハ大王の銅像などたくさんのハワイならではの魅力的な観光スポットがあります。

私が、ハワイ旅行をしたときに立地的に便利で、コスパがいいホテルを探して、たどり着いたのがシェラトングループの「シェラトンプリンセスカイラウニ」ホテルでした。

シェラトンプリンセスカイウラニで宿泊したおかげでいい思い出がたくさん作れましたし、このホテルを起点とし、The Busを利用して離れたハワイの人気観光スポットをたくさん巡れることができました。

実際に泊まってみて、とにかく観光地へのアクセスがものすごくよかったなって思います。

それ以外にも、ホテルサービスや客室の内装や料金など宿泊する前に知っておきたい点などをご紹介します。

ワイキキへの旅行を検討している人はご参考にしてください!

ホノルル/ワイキキを効率よく観光するなら「シェラトンプリンセスカイウラニ」がオススメ!お部屋もくまなく紹介

30代で行ければいいかなって思ってたハワイ旅行。

今年の初めに、海外LCCのスクート航空がお年玉セールを開催してて、なんと、大阪→ハワイ経由で往復4万ちょっとで行けることになってしまい、仕事のことなんか考えもせずにとりあえず予約したのを今でも覚えています。

ちなみに、ハワイってアメリカ全土の中で一番物価の高い州なんです。なので、航空券が安く取れたとしても食事やチップ、施設利用料など現地での出費が高くなりがちです。物価が高い分、ホテルの宿泊料も高かったりします。

せっかくのハワイ旅行なので、安くてめちゃくちゃボロい宿に泊まるのは嫌なアナタ!

「シェラトンプリンセスカイウラニ」をオススメします!

このホテルは1955年に建設され、1996年に客室改装されています。色んなホテルレビューサイトにも書かれていますが、ちょっと年季の入ったホテルです。

ワイキキ周辺のホテルと比較すると安価でアクセスがとてもよく、ワイキキビーチやホテルを出て徒歩10秒ほどでABCストアがあるのも魅力的です。

また、空港からリムジンバスも出ているのも大きなポイントですね。空港からの行き帰りがものすごく楽でした。
リムジンバスは別途申し込みが必要

もし、これよりも安くで泊まりたいという場合は、ホテル比較サイトで調べたり、Airbnbで探すのもいいかもしれません。それくらいお手軽な価格で泊まれるなホテルです。価格の前に、おすすめポイントをどんどん紹介していきますね!

ホテルから近い観光スポットが魅力的!

シェラトンプリンセスカイウラニの周辺には、有名な観光スポットがたくさんあります。

  • ABCストア
  • ワイキキビーチ
  • 実弾射撃場
  • ウルフギャング・ステーキハウス ワイキキ店
  • MoneyExchange(両替所)
  • DFS(免税店)

また、ハワイで有名な観光スポットであるモアナルアガーデンやカカアコなどへはThe Busやタクシーなどで行くことができます。ホテルから歩いてすぐのところに、バス停があるので安心ですよ。

ちなみに、すぐ近くに両替所があるのもすごく便利です。

ワイキキには色んな場所に両替所がありますが、レートが書かれていない所が結構多いので不安です。どうせ両替するなら、安心して高いレート両替したいですよね?そこで私はDFS内にある両替所をオススメしています。

ワイキキで私がオススメする両替所

店名:T GALLERIA HAWAII by DFS(Tギャラリア ハワイ by DFS)
住所:330 Royal Hawaiian Ave.
TEL:(+1)808-931-2700
営業時間:AM9:00~PM10:00 年中無休


※画像をタップ or クリックしたら大きい画像が出ます

私が何度も利用した両替所です。レートも書かれているので安心して利用ができますよ。

ホテルの外観について

ホテルの外観については、ホテルレビューサイトで古いといったネガティブコメントをチラホラ見かけましたが、私はそのように感じませんでしたね。

逆に清掃が行き届いていたので、キレイな景色を堪能することができました。

そんなキレイなホテルの一階には、プールやベンチがあり、併設されているバーで軽くお酒を飲みながらゆっくりとした時間を過ごすことができます。

夜になると、ショーが開催されたり生演奏が始まったりして毎日飽きるこなく過ごせました。

ホテルの料金と私が宿泊したお部屋について

このホテルは、11種類の客室が存在します。

ゲストルーム名 一泊料金(米ドル/日本円)
ゲストルーム, 2 ダブル, シティビュー 160USD/約17,800円
ゲストルーム, 2 ダブル, シティビュー 163USD/約18,100円
ゲストルーム, 2 ダブル, プールビュー 164USD/約18,200円
ゲストルーム, 1 キング, スカイラインビュー 172USD/約19,100円
ゲストルーム, 2 ダブル, スカイラインビュー 172USD/約19,100円
ゲストルーム, 1 キング, オーシャンビュー, アイナハウタワー 176USD/約19,600円
ゲストルーム, 2 ダブル, オーシャンビュー, アイナハウタワー 176USD/約19,600円
ゲストルーム, 2 ダブル, オーシャンビュー, バルコニー 176USD/約19,600円
ゲストルーム, 2 ダブル 229USD/約25,522円
大きめ ゲストルーム, 1 キング, オーシャンビュー 470USD/約52,300円
2ベッドルームエグゼクティブ スイート, 1 キング, オーシャンビュー 1,270USD/約141,500円

シーズンによって価格が変動する可能性アリ。1USD=111円で算出。

ハワイ旅行時に私が宿泊したのは赤文字にの「ゲストルーム, 1 キング, オーシャンビュー, アイナハウタワー」でした。

SPG AMEXカードでお部屋の無料アップグレードしてもらいました

私が保有しているSPG AMEXカードには、カードを持っているだけでマリオットグループに属する世界130カ国29ブランドで6,700件を超えるホテル&リゾートホテルの「ゴールドエリート」ステータスを獲得することができます。
今回、そのゴールドエリートのおかげで(左写真)のようにお部屋をアップグレードしてもらいました。

当初の予定だと「ゲストルーム,2ダブル」だったので、160USDぐらいでしたが、無料アップグレードしてもらい176USDのオーシャンビューのお部屋に宿泊することができました。
あとで、お部屋の写真は載せますが、ハイフロアで角部屋にフロントの方がつけてくれたので本当にいい対応をしてもらったと思います。
【SPGアメックス】お友達紹介特典_ビルボード

宿泊費以外に発生する謎の“リゾート料金”について

また、宿泊費以外にも別途、1日33ドル支払いが必要な“リゾート料金”が存在します。
オプション(選択型)ではなく必ず支払わないといけない料金なので注意が必要です。
ちなみに、1日33ドルに含まれているサービスについてです。

ちょっと見にくいですが、こんな感じのサービスが受けられます。

私個人の意見ですが、この謎な「リゾート料金」に含まれるサービスは、そんなに魅力的ではないですね。Wi-Fi助かったなぁというぐらいでしょうか。

ですが、私はSoftbankの“アメリカ放題”プランに加入していたので、インターネットのアクセスには困っていなかったんですね。

GoProも2台保有してるので、GoProのレンタルも結果的に私にとっては使う必要がありませんでした。

もし、ハワイ旅行中だけGoProで撮影したい!と思っている方には魅力的なプランだと思います。カメラを揃える前に滞在先でどんなサービスが受けられるかチェックしておくとムダがなくていいですよ。

泊まった客室をご紹介します!

私が宿泊したのは「ゲストルーム, 1 キング, オーシャンビュー, アイナハウタワー」です。

先程お伝えしましたが、運よくハイフロアの角部屋に宿泊することができました。

キレイな景色をバルコニーから眺めることができます。

バルコニーから見える素敵なオーシャンビューがこちらです。
ワイキキビーチが一望でき、少し見下ろせばホテルのプールやお店、ランニングしている人など色んな景色を堪能できます。

キングサイズのベッドで劣化している様子はありませんでした。
劣化によりスプリングが固くなり、反発が悪くなったりということもなく、フカフカで質の良い睡眠を提供してくれたと思います。毎日ぐっすり寝ることができました。

テレビもあり、現地の番組を楽しむことができます。また、インターネットテレビに対応しており、アカウントを持ってたらNetflixやYouTube、Huluを見ることができます

あと、クローゼットはこんなかんじです。

金庫もありました。プラスチック製のコップと紙製のコップが用意されてました。

アイロンも使えます。ちなみに、ルームサービスで洗濯をお願いすることができます。もちろん有料です。

気になる洗面所。ユニットバスでした。ウォシュレットは付いていなかったです。

アメニティはちょっと残念といった感じ。必要最低限といった品揃えでした。歯磨き、トゥースペーストなど宿泊する上で必要なもの一式は揃っています。

あっ、そうそう。ボディーソープがなかったので、必要な方は事前に用意しておきましょう!
近くにあるABCストアで購入することもできます。

気になるお風呂はこんな感じ。
あと、シャワーを出すのがちょっと日本には無い仕組みだったので、初見の方は近くにいる清掃員やルームサービスを呼びましょう!

私は近くにいた清掃員の方に「ヘルプミー!」といってシャワーの使い方を教えてもらいました(笑)

清掃員に渡すチップについて

清掃員の方にチップを渡すのがアメリカンスタイル。
出かける前に、デスクの上など分かりやすい場所にチップを置いておきましょう。

今回私は2人で宿泊して、1ドルずつチップ(計2ドル)として渡しました。

ハワイは物価が高いのでチップで生活を繋いでいる人たちもいます。
お部屋をキレイにしてくれるお礼としてチップを渡すようにしましょう!

アーリーチェックインやチェックイン時間よりも早く着いてしまった場合

シェラトンプリンセスカイウラニホテルのチェックインは15時からとなっています。
なので、もし15時よりも早く着いてしまった場合は、チェックインすることができません。

ですが、無料で荷物を預かってもらうことができるのでチェックイン時間よりも早く着いてしまった場合は利用しましょう!

ちなみに、受付した時に「着替えたいんですけど脱衣所みたいな場所ありますか?」って聞いたら「空いている部屋を1時間使っていいからシャワーでも使ってください」と神対応してくれました。部屋に空きがあったらしくそのような対応をしてくれました。

総合的に大満足なホテルでした

アクセスやコスパ、景色など総合的に見て大満足したホテルでした。また、ハワイに来た際にはぜひ利用したいホテルですね。

ここまでいいレビューをしていますが、最後に宿泊した上でのちょっと気になる点をまとめて締めたいと思います。

隣の部屋の音がするところが唯一のマイナスポイント

ホテルレビューサイトによく書かれていたコメントが隣の部屋の音漏れでした。
私の場合あまり聞こえたりすることはありませんでしたが、テレビや何もつけていない状態で部屋でゆっくりしていたとき、隣の部屋からドライヤーの音が少しですが聞こえてました。

これは、夜に騒げないなという感じでした。

ちなみに、ホテルレビューサイトにこんなコメントがありました。
「エレベーターの隣の部屋は昇降音がするので眠れない」

なので、このホテルを予約する際はエレベーターの近くにしないようにしたほうがいいかもしれません。

ちなみに、ホテルの比較サイトで価格などを調べるのであればBooking.comがオススメです!



Booking.com

コメント